『中2生』のみなさん!今からなら、まだ公立上位高校をねらえますよ!女子中学生が青空をバックにファイトのポーズをしている画像
『中1生』のみなさん!定期テストの結果はいかがでしたか?!女子中学生が緑をバックに呼びかけをしている画像

『中2生のみなさん!

今からなら、まだ公立上位高校もねらえます!

  

 今、中2だけど成績がいまいち良くない・・・

でも、公立上位校には行きたい!という生徒さん、

 1学期の今からならまだ間に合います!

 

そのために、今からやるべきことはこれ!!

 

 

中1範囲の曖昧単元をなくす!

・・・中2の2学期からはどの教科もさらに難しくなるのに、中1範囲が曖昧・・・これでは公立上位校どころか公立高校自体も難しいですよね。

 

 ◆中1範囲の曖昧単元(特に数学・英語)を夏休み前に集中克服し、つまずかずに演習問題にとりかかかれる状態を作っておく

 夏休みには、演習を多く積み、基礎問題から応用問題へ転換させる!

 中1範囲 + 中2_1学期範囲をマスターした状態で2学期へ!

 

 

『定期テストの点数の取り方』を知る!

・・・内申点ががっつり決まる中3までに、あと何回定期テストを経験できると思いますか?

 

 中2の間の定期テストは、中3でしっかり得点するための言うなれば予行演習です

 残り3~4回の中間・期末テストで、定期テストはどうやって対策をすれば点数が取れるのかそれを習得します!

 中3から頑張る、では手遅れです・・・よね💧

 

 

難化した英語にしっかり対応する!

・・・ご存知のとおり、2021年度から英語がかなり難しくなりました

 

 中学卒業までに覚えるべき英単語は今までの2倍!!(1200単語⇒2400単語)

 英文法の例文ひとつ捉えても、使われている英単語のレベルが明らかにアップしています。

 数学以上に、受験直前の追い込みでのアップが難しい英語

 英語が苦手という人は、『英文法ルールを系統立てて理解英文にある程度多く触れる』ことを今からスタート!

 その時鍵になるのが「英単語!

 普段コツコツ暗記が難しい人は、短期集中での暗記を実践!

 

 

 内申点が50%を占める兵庫県の公立高校入試だからこそ

公立上位高校を目指したい人は、遅くとも中2の今からやらないといけません!

 中3の1学期最初のテストから内申が決まるのですから、当然と言えば当然ですよね!

 

順進塾

『中2生』のみなさん!今からなら、まだ公立上位高校ねらえますよ!女子中学生が青空をバックにファイトのポーズをしている画像


お問い合わせはこちらバナー